山下湘南夢クリニック


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不妊治療は女性はもちろん男性もツラいものです。どちらに原因があるのか、それによって咎められることもあります。不妊治療の経験のある夫婦というのは、全国に数え切れないほどいらっしゃいます。しかし、懐妊という報告ばかりではなく、流産をしたり、なかなか授からなかったり、泣く泣く治療を諦めてしまうケースもあります。また、夫婦の問題でもあり、それぞれ夫、妻の気持ちは異なります。また、夫婦の問題ではありますが、まわりにもツラさが広がることもあります。不妊治療は、体験してみなければ分からない内容がたくさん含まれています。克服して見事懐妊された夫婦にとっては、同じ悩みを持つ夫婦へエールを贈ることもあるといいます。不妊治療も数ヶ月というケースもあれば、1年、2年、長いと10年以上も不妊治療を続けている夫婦もいるといいます。子宝に恵まれた夫婦の多くは、第一子誕生で満足しており、一人っ子というケースも少なくありません。不妊治療では、第一に妻のツラさが際立つといいます。例えば、体調やホルモンバランスの崩れもあります。さらに「まだ子どもができないのか」というように、周りからのプレッシャーがかかるといいます。もちろん、治療をするために検査や診察などでも残酷な言葉が返ってきたり、身体的に痛みのある治療を続けたりするといったツラさもあるようです。しかし、夫もツラい体験をしていることを考えてほしいと思います。夫の場合には、相談できる相手がいないことはもちろん、治療費というのも決して安くはありません。昼間のみならず、夜も勤めに出るといったこともあるようです。特に、お金の問題はツラいのではないでしょうか。継続するにも治療費が支払えないのなら、継続できません。それまで、一生懸命妊活に努めてきたり、赤ちゃんが育つための子宮内の状態も改善されてきたとしても、そこから先は高額医療となります。だからこそ、無理はしないということがいわれています。
Tagged on: ,山下湘南夢クリニック