もぐりん


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

酵素風呂はサロンや温泉街などでよく利用されています。温度については、酵素がもっとも活発化する60℃前後の温度で提供されています。砂むし風呂、その砂が酵素に変わっただけです。サロンによって使う材料は異なりますが、大半はヒノキパウダーです。パウダーが空気を含むことにより、体感温度はぬるま湯程度に落ち着くので、火傷をする心配もありません。ちなみに、酵素パウダーをお湯に溶かすタイプの酵素風呂も利用できます。この場合に気になるのは、そのお湯の濁りです。野草・香草、果物や野菜などから抽出したエキスを使うので、お湯の色は茶色や灰色に近く、衛生面について気になる人もいるはずです。しかし、サロンいわく、不衛生な菌というのは60度以上の高温で繁殖せず、逆に殺菌効果があるために夏に入るのもおすすめされています。サロンでは専用の酵素着を着用します。酵素は綿100%ならば通過してくれるようですし、自宅で酵素パウダーを入れて入浴するスタイルならば問題なく、酵素の持つチカラを肌から吸収できるでしょう。酵素風呂の効果・効能は魅力的ですが、生理中については体調次第ですし、妊婦さんの場合も配慮が必要になります。それでも、酵素風呂・酵素浴には、デメリットはほぼなく、メリットばかりが目立っています。例えば、身体を温めることにより血行促進に期待が持てます。血行が良くなるだけで、冷え性が緩和するでしょうし、そこから便秘改善であったり、胃腸が元気になることもあります。ヒノキパウダーはヒノキのおがくずを用いるのですが、最近では酵素ドリンクなどの需要もあるのか、酵素風呂・酵素浴から出てきてから、酵素ドリンクのアフターサービスも提供されています。それこそ、身体の内側と外側から酵素のパワーをもらえる、補うことができる魅力があります。酵素風呂・酵素浴で代謝がアップしているため、ドリンクの栄養素が身体に十分に行き渡るといいますからおすすめです。
Tagged on: ,もぐりん