体外受精の専門クリニック 幸町IVFクリニック

東京都府中市の幸町IVFクリニックでは不妊治療や不妊症治療を中心とした高度専門医療(体外受精・顕微授精・胚盤胞移植)を行っております。体外受精に初めて挑戦する方、他院でなかなか上手くいかなかった方も、ぜひご相談下さい。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不妊治療の一環として知られている体外受精とは、いったいどんなものなのでしょうか。知っていることで不妊治療に対する理解が増すため、覚えておきましょう。一般的には体内で行われるはずの受精が何らかの原因によって体内で行われない場合、体外で受精させる方法のことを指します。1978年にイギリスで世界に先駆けて行われました。当初は賛否両論でしたが、現在では多くの女性が妊娠するための方法として広く認知されています。日本国内では1983年に初の成功例があり、現在に至るまで世界で約1千万人弱の女性の妊娠をサポートする方法として、定着しました。日本でも数多くの人が行って成功をしていますが、ある一定の年齢以上になると成功率は格段に低くなるため、不妊治療の一環として体外受精を希望する場合には注意しましょう。一般的には45歳以上になると治療を行っても着床率が低く、妊娠できる可能性は1パーセントに満たない確率です。この事実を知らないことによって、数多くの女性が不妊治療に訪れ、医師の説明を聞いてがっかりすることが多いといいます。不妊治療を受けるのであればできれば35歳までに受けたほうがいいでしょう。治療を受けるにはある程度の条件があり、卵管閉塞などのトラブルを抱えておらず、タイミング法や人工授精を行っても妊娠には至らなかった人々が受けます。卵管閉塞の場合、卵管を掃除することによって正常な排卵が促され、妊娠の可能性が高くなりやすいです。また、タイミング法などで妊娠する人も多く、普段の生活面でストレスなどを上手に緩和することができれば、妊娠成功率は高まります。ただし、結婚したことによって生じる人間関係のストレスや、周囲の無理解などによってストレスを感じる人は少なくありません。また、妊娠は女の責任と無責任で間違った知識を持つパートナーや周囲の人も多く、不妊治療によってストレスを感じる人も多いです。治療を行うことは大切ですが、まずパートナーと妊娠について適切に話し合い、納得できる形で治療を行ったほうがいいでしょう。
Tagged on: ,体外受精の専門クリニック 幸町IVFクリニック