明大前アートクリニック

明大前アートクリニックは杉並区の京王線明大前駅より徒歩5分にある不妊治療専門クリニックです。タイミング法や人工授精などの一般不妊の方から体外受精・顕微授精、男性不妊も行っています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ブライダルチェックというように、不妊症に悩みながらも妊活に取り組むカップルは右肩上がりに増えています。不妊症であっても懐妊することもあります。それに備えて、女性のみならず、パートナーとなる男性さえも、精子の状態をチェックするために専門クリニックを訪れるといいます。とある研究によれば、「男性側に原因がある確率が極めて高い」報告がされています。現実に向き合うことでしか対策ができないのも事実です。また、女性の社会進出、晩婚化に伴って不妊治療を受ける年齢も若干高いようです。実績ある医療機関の中には、予約だけで1年待ちなのだそうです。体外受精で赤ちゃんを授かることができれば喜ばしいものです。しかし、医療機関においては現実を見てもらう、受け入れてもらう必要を指摘しています。治療しても妊娠できないという現実、不妊治療をやめられない現実がそこにはあります。追い討ちをかけるように、結婚や妊活を後回しにし、キャリアを積むことを優先させた自分自身に腹を立てる女性が少なからずいる話も耳にします。仕事と妊活の両立について、社会支援が充実されるべきです。妊娠適齢期を迎えるのなら、優先して妊活ができるように促す上司がいてもいいはずです。少子化が問題視されている地域においては、こうした動きが加速していて、企業を巻き込む一大プロジェクトになっています。治療を受けられるように、チームで活動しています。夫婦で来院できるように、相談しやすいように、敷居を低くしている医療機関も増えています。そのひとつが、男性専門の妊活外来です。不妊症の有無をチェックするだけでなく妊活もサポートします。20代男性患者は、何かが悪くて治療しているワケではないものの、彼女のために情報を収集したり、体調を整えたり、そうした活動に利用している話をしています。精液の濃度、精子の数、精子の運動率などまで検査ができる時代で、女性だけに責任を取らせないサポートが進んでいるのはありがたみを感じる内容でしょう。
Tagged on: ,明大前アートクリニック