日本コミュニケーション学院

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)は、あがり症専門特化校として9万人・36年の実績。重度あがり症・声震え・どもり吃音つまり 成果保証。スピーチとプレゼン指導ほか会話雑談や人間関係改善と評判の話し方講座が勢揃い。業界トップの話し方教室として広く知られています。渋谷区代々木。新宿駅と代々木駅からすぐ。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

あがり症の原因にはさまざまなものがありますが、もともと体質や気質として持っていても、自覚しないで過ごせる人もいます。環境や経験などの要素が入ってはじめて症状が出ることが多く、一度不安につながるような脳のルートができてしまうと、苦手意識を克服しにくくなることも少なくありません。特に人前で話すことに恐怖を感じてしまうと自信がなくなり、そんな姿を他人に見せたくないという気持ちが強くなります。自信をなくしやすいのは、話す内容に対してだったり、言葉選びだったり、声の出し方や発音だったりいろいろです。こうした不安から人前で話すことに引け目を感じてしまうようになり、必要以上の緊張感が生まれてしまうことがあります。こうしたあがり症は、克服するための方法も考え出されています。例えば「緊張」にプラスのイメージを持つことや、副交感神経を働かせて自分を落ち着かせる呼吸法をマスターすることは代表例です。自分を否定せず認めることだけでもとても楽になれますので、100点満点は目指さずに、何かできたことを認めて自信を手に入れることが大切となります。そのためにも効果的なのが、話し方の訓練をすることです。日本ではスピーチの本格的な授業などはなされていないため、正しい話し方のレッスンを受けたことのある人は多くありません。どんなテーマを取り上げるか、どのような構成でどのように話すかなど、基本的なことを覚えて何度も練習することで、確かな自信をつけていくことができるでしょう。慣れてくると時事的な話題1つを軸に話せるようになったり、相手を惹きつける話し方ができるようになったりします。構成法や言葉のつかい方をマスターすることで徐々に人前で話す楽しみを感じられるようになり、いつの間にかあがり症も克服できている人はとても多いです。もちろんいつでも緊張はしますが、自信を持つことで話すことを前向きに捉えられるようになれば、これほどうれしいことはありません。話し方教室などでは多くのアドバイスを聞くことができますので、不安をやわらげ、適切な話し方を身につけることができます。
Tagged on: ,日本コミュニケーション学院